イギリス配偶者ビザ更新2019その③【IELTS Life Skillsテスト内容】

今日はいくつか前の記事で書いておりました、

 

 

イギリスでの配偶者ビザ更新に必要な、英語のテストを受けてきました!

 

 

認められているテストはIELTS Life Skillsというのと、Trinity Collegeというテストなのですが、

 

 

私は前回もIELTSを使用したので、今回もIELTSを受けることにしました!

 

 

テスト時間は午後12時からで、届いたメールには「テスト開始時間20分前に会場に着くように」と書いてあったので、

 

 

念のため30分前に着くように行きましたが、

 

 

結局テスト開始時間の12時になっても名前を呼ばれず、

 

 

むしろ10分くらい過ぎてからようやくテスト会場へ通されました(^^;

 

 

まあ他にもたくさんの人が受けてるので時間通りに行かないのはしょうがないですが💦

 

 

 

とにかく、今日はこのIELTS Life Skillsというテストの詳細について書いていこうと思います!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

テスト会場へ持っていくもの

 

 

テスト会場へ必ず持っていかなければいけないのは、身分証明書!!

 

 

ただ注意しなければいけないのは、どの身分証明書でもよいのではなく、

 

 

テスト申し込みの際に登録した身分証明書を必ず持っていかなければいけません!

 

 

私を含めほとんどの人がパスポートを持ってました。

 

 

テストを予約する際にパスポート番号も登録するので、その番号が間違っているとテストが受けられないので要注意!

 

 

その他の荷物はテスト会場へ持っていけないので、クロークのようなところで全て預けなければいけません。

 

 

時計も外さなければいけないので、なるべく貴重品は最小限に抑えるのがいいかもしれません。

 

 

ちなみに身分証の他には、透明の容器に入った水のみ持ち込み可能です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

テスト開始前にする手続き

 

 

テスト会場へ通されると、まず荷物をすべてクロークに預け、

 

 

そのあとは空港などでやるような金属探知機でボディーチェックを受けます。(結構シリアス!)

 

 

それが終わると、受験者の登録室のようなところへ通され、

 

 

受験者の声の録音、身分証のスキャン、受験者の顔写真撮影がされます!

 

 

受験者の声の録音とは、紙に書かれた文章をストップといわれるまでずっと読み続け、

 

 

それをIELTSのスタッフが録音するという感じです。

 

 

紙に書かれた文章というのも、自分の名前、テストの日付、試験会場を繰り返し言うだけなので、

 

 

この部分はテストの対象に入らないし、全く難しくないのでご安心を!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

テストの構成

 

 

荷物を預け、ボディーチェックと受験者の登録をすべて終えると、いよいよテスト本番です!

 

 

テストの構成は、受験者2人に対して、試験官が1人というシステムで、それぞれ個室にてテストが行われ、

 

 

部屋には各受験者用に紙と鉛筆が1セットずつ用意されていて、

 

 

1分間のスピーチの時や、リスニングの時にそれを使ってメモを取ることが許可されています。

 

 

 

着席すると、まずは一人ずつ名前の確認、スペルの確認をされます。

 

 

 

それ以降はざっとこんな感じの流れです、

 

 

 

①試験官が受験者一人ずつに質問をする

 

 

②試験官が受験者一人ずつにスピーチのトピックを課し、各自1分程課されたトピックについて話す

 

 

③その後、受験者がお互いに②のスピーチに対し、2問質問をしあう

 

 

④リスニングテスト

 

 

⑤試験官から出されるトピックに対し、受験者二人で会話をする

 

 

ざっとした流れはこんな感じ。

 

 

以下にて各パーツ、どんな質問なのか具体例を書いていきます!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

①試験官が受験者一人ずつに質問をする

 

 

ここで聞かれるのは本当に簡単な質問で、自分の仕事や好きな勉強科目は何ですか?というような内容。

 

 

IELTSの公式サイトの例題では、

 

 

The Examiner will select questions from those provided in the test pack, in a variety of areas such as
name, nationality, work/study, where candidates live, and free time activities.  (Source from IELTS official website)

 

 

と書いてあるので、この部分では、受験者自身についての質問をされるようです!

 

 

 

②試験官が受験者一人ずつにスピーチのトピックを言い、各自1分程課されたトピックについて話す

③その後、受験者がお互いに②のスピーチに対し、2問質問をしあう

 

 

この部分についてもIELTSの公式サイトを見てみると、こんな風に各受験者に出題されます。

 

 

In this part of the test, you are each going to talk for about one minute.
While you are talking, your partner will listen to you. Your partner will then ask you two questions about what you
have said.

_________________ (Candidate A), you’re going to tell ______________ (Candidate B) about the
pictures or paintings you like to look at and why you like looking at them.
_________________ (Candidate B), you’re going to tell ______________ (Candidate A) about
animals you like and why you like them.

Now you both have one minute to think about what you want to say.
You can make notes if you want to. [Indicate paper and pencil.]

(Source from IELTS official website)

 

 

つまりここでは、試験官から出される話題に対して自分なりの意見や感想を述べ、

 

1分間スピーチを自由にできる力を見られるみたいです!

 

 

お互いにトピックについて話し終わると、聞いていた方の受験者がその話した内容に対して2つ質問をしますが、

 

 

これは本当に簡単なもので、例えば上の例題の場合なら、”Do you go to museums often?”とか

 

 

“Do you have any favorite artist?”などなど、とにかく質問を練りだせば大丈夫です!(笑)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

④リスニングテスト

 

 

このリスニングの部分は、30秒くらいの会話が録音されたテープを聞いて、

 

 

その内容について試験官から質問が出されるといった構成です。

 

 

 

テープは全部で2回流され、1回流されるごとに各受験者に1問ずつ質問が出されます。

 

 

テープの話し手達がどの場所にいるか、何をしたか、など簡単な質問ですが、

 

 

「カフェに行こうと思ったけど混んでいたから美術館へ行った」とか

 

 

「家に寄ってからレストランへ行く」など、注意して聞いてないとひっかけ部分があるので要注意です!

 

 

 

 

⑤試験官から出されるトピックに対し、受験者二人で会話をする

 

 

この部分でのIELTSの例題を見てみると、

 

 

Now you’re going to talk together about how you study.

Talk to each other about where you like to study and what helps you to study.  (Source from IELTS official website)

 

 

と、受験者2人でディスカッションすることを求められます。

 

 

一人の受験者が一方的に喋るのではなく、一緒に与えられたトピックについて話すというのが大切なので、

 

 

ある程度喋ったら相手に質問するなどして、うまく会話量を調節するといいと思います!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

以上、今日はイギリス配偶者ビザ更新用の英語のテスト、IELTS Life Skillsについて書いてみました!

 

 

 

前の記事でも書きましたが、テスト費用は£150で、テスト時間自体は20分弱くらいです。

 

 

 

しかし、待ち時間や登録などの時間が長いので、全部で大体2時間半くらいはかかったかな(;´∀`)

 

 

 

もし他に予定を入れる場合は、時間に余裕をみて予定を立てた方がいいと思います!(笑)

 

 

 

ちなみに結果は、オンラインだとテスト日の一週間後に見られて、

 

 

 

(テストを予約する際にオンラインで登録をするので、その個人ページに結果が発表されます!)

 

 

 

郵便ではUK国内の場合2週間、国外の場合は1か月以内に結果が届くそうです。

 

 

 

ビザに必要な書類/やるべきことが一つ終わったのでとりあえず安心😌

 

 

 

まあまだ結果は来てないですが、今日の手ごたえ的には多分大丈夫なはずと信じてます!😂

 

 

 

ではでは、今後も配偶者ビザの更新について引き続き書いていきますので、

 

 

是非参考にしてみてください!

 

 

と一緒に、無事ビザが更新されることを応援していただけると嬉しいです!(笑)

 

 

よろしくお願いします☆彡

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *