イギリス英語のスラング⑫【Ta】

久々のイギリス英語のスラングシリーズ、今回は

 

 

“Ta”という言葉についてご紹介していきたいと思います!

 

 

 

スペルも”Ta”だけでとてもシンプルなので、

 

 

”ティーエー?”とちょっとひねって読んじゃうかもしれませんが笑、

 

 

発音はそのまま”ター”です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

この”Ta”という言葉は、ある言葉の略なのですが、

 

 

皆さんご存知ですか?

 

 

 

 

この単語、日常生活の中で結構耳にする機会が多いです。

 

 

 

例えばスーパーの会計のときに、”Ta”と言ったりり、言われたり、

 

 

友達や家族に何かしてもらったりしたときにも”Ta”って言ったりします。

 

 

 

そう、なんとなーくお分かりかもしれませんが、

 

 

 

 

“Ta”とは、”Thank you”の略です!

 

 

スポンサードリンク

 

 

“Thanks”は皆さん知っていると思いますが、

 

 

イギリスだと”Ta”を結構耳にします。

 

 

 

私はイギリスに来る前に、「”Thanks”みたいに”Ta”ってイギリスではいうんだよ」と

 

 

教えてもらったことがあったのですが、

 

 

正直”ター”ってなんかあんまり感謝してる感じに聞こえないし(私だけ?笑)、

 

 

本当にイギリス人みんな使ってるのか!?と半信半疑でしたが、

 

 

こっちに住み始めてから、”Ta”は本当に使われていたということがわかりました!笑

 

 

 

初めて”Ta”といわれたのは、スーパーのおばちゃんで、

 

 

会計が終わった後に”Ta”って言われ、

 

 

「わ!本当に”Ta”って言った!!笑」と

 

 

内心なぜかすごく興奮したのを覚えています。笑

 

 

 

今では”Ta”が結構普通に聞こえるようになったので、

 

「こいつ本当に感謝してるのか!?」なんて思いませんが笑、

 

個人的に面白いなと思うイギリス英語のトップ3位には確実に入ります笑

 

 

 

“Thanks”でも結構簡単に略されてるのに、それ以上に簡単な”Ta”という言葉。

 

 

皆さんも機会があればぜひ使ってみてくださいね!笑

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *