海外で大ブーム!Kombuchaとは!?

いまや海外どこに行っても

 

 

お寿司やお刺身、うどんやそばなどをはじめ、

 

 

日本食はかなり海外に浸透しているし、やっぱりとっても人気ですよね。

 

 

みんな日本食はヘルシーだしおいしいと、

 

 

本当に世界中から愛されているなーと色々な国に旅行する度に思います。

 

 

 

でもたまに、名前は確かに日本と同じだけど、実際に食べ物が出てきたら全然違うものだった!!

 

 

っていうことも、海外ではよくありますよね笑

 

 

 

それでもロンドンはやっぱり日本人も多く住んでいるし、

 

 

あまりそういう「え?!日本のと全然違う!!」っていう経験は正直ほとんどないのですが、

 

 

最近は久しぶりに「え!?日本のと全然違う!!」っていう体験をしました笑

 

 

スポンサードリンク

 

 

日本のものとは全然違うのですが、

 

この飲み物はロンドンだけじゃなく、イギリス全土はもちろん、アメリカでも超人気だそうです。

 

 

 

では一体何が人気なのかというと、

 

 

 

 

“Kombucha(こんぶちゃ)”です!!!笑

 

 

 

 

 

「え!?なんでこんぶちゃなんて渋いものが!?」と思われた方も多いと思いますが、

 

 

 

前述しましたとおり、日本のあの”昆布茶”とは、

 

 

まったく違います笑

 

 

 

 

日本での昆布茶は、名前のとおり昆布を細かく切ったものがお茶に入っている飲み物ですが、

 

 

海外で言う”Kombucha”はこんな感じの見た目です。

 

 

 

 

見てお分かりかと思いますが、日本の”昆布茶”にはかすりもしていません!!!!笑

 

 

 

ではこの飲み物は一体何なのかといいますと、

 

簡単に言えば “発酵茶”なのだそう。

 

 

 

通常の緑茶や紅茶が、バクテリアとイーストによって発酵されてできるらしいです。

 

 

なので、こんな感じで炭酸化されてます。

 

 

 

 

そしてたぶんこの白い浮遊物が、おそらくイースト??

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

そして、肝心の味はどんな感じなのかというと、

 

 

サイダー(フルーツでできたビールのようなアルコール)に結構似てます。

 

 

 

だからビールやサイダーが好きな人だったら結構いいかも?

 

 

 

ただ、キャップあけたときにふわっとするにおいはなかなかきついです!!笑

 

 

 

まだビンの中で発酵がすすんでるので、本当にその発酵してるにおいが

 

キャップをあけた瞬間にふわーっとしてきます笑

 

 

 

正直私はビールも好きじゃないし、

 

むしろ炭酸も小さいころからそこまで好きじゃなかったので、

 

個人的にこのKombuchaは買ってのみたいと思わないかも…😂

 

 

スポンサードリンク

 

 

でもこのKombuchaは体にいいといわれているそうで、

 

 

ヨーグルトなど乳製品にあるような、生きた善性のバクテリアが含まれており、

消化を助けてくれる働きがあるそうです。

 

 

あとは、お茶には抗酸化物質が含まれているそう。

抗酸化物質とは、細胞の傷害を防いだり、遅らせたりしてくれるもののようで、

 

お茶のほかには野菜や果物にたくさん入っているらしいです。

 

 

 

ただ、残念なことに、これらの効果は、臨床実験で完全に証明されているわけではないらしいので、

メーカーの謳い文句の場合がほとんどなんだそうですよ😲

 

 

 

 

ということで、私にとっては最後まで謎な飲み物ですが(笑)、

 

 

イギリスで人気なのは間違いないです。

 

 

アメリカでも、売ってるのよく見ました。

 

 

もし海外にいる、もしくは行く方で

 

 

気になる方は是非挑戦しみてください!(笑)

 

 

なかなか面白い体験ができるはずです😂

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *