イギリスで免許取得⑭【実技テスト一発合格!!!】

やりましたー!!!!!

 

 

無事、実技試験に合格しましたよ!!!!!!

 

 

 

 

ちょうど一週間前は、Minor Fault 16個、Serious Fault 5個と、

 

 

かなり絶望的な模擬試験の結果でしたが、(詳しくはこちら

 

 

 

その後のもう一回のレッスンと、週末にYoutubeでチュートリアルを見まくったおかげで、

 

 

今日は、Minor Fault 7個、Serious FaultもDangerous Faultもなしで

 

 

テストに合格することができました!!!!!✨✨

 

 

 

ということで今日の記事は、

 

 

これからテストを受けられる方のために、テストの内容と要点をまとめてみようと思いますので、

 

 

是非参考にしてみてください!

 

 

スポンサードリンク

 

 

1. 実技テストの予約方法

テストの予約の仕方については、こちらの記事で詳しくまとめてあります。

 

 

2. 実技テストに持っていくもの

当日は、仮免許と筆記テストの合格証明書、あと最も大事な”車”を持参します。

 

ほとんどの人が、自分がレッスンを受けたインストラクターの車を使用しますが、

もしすでに自分で車を持っていたら、それを使ってもいいそうです。

 

ちなみにテスト中インストラクターや家族など、同伴者を乗せるのもOKだそう。

 

私はインストラクターにテスト会場まで来てもらいましたが、

テスト本番の際は同伴者なしで、インストラクターは会場で待ってました!

 

 

3. テストの所要時間と構成

本番のテストは、全部で大体40分くらいです。

自分のテスト時間の15分くらい前には会場についていたほうがよいでしょう。

 

時間になると、一人ずつ審査員が出てきて、受験者の名前を呼びます。

呼ばれたら、仮免の詳細確認と、テストのフォームにサインをします。

 

路上運転に出る前に、視力検査(※1)、自動車についての基本的な質問(※2)がされ、

それが終わったら最初の20分は “Independent Driving(※3)”を行い、

その後は審査員が道案内をしてくれる通りに運転します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

4. ※1: 視力検査

これはとても簡単な方法で、20mくらい離れたところにある車のナンバープレートを読んでくださいといわれるだけ。

 

でも、この視力検査をパスしないと、そこで即落第となるので、

目が悪い人はきちんとメガネやコンタクトを使用するのをお忘れなく!

 

 

5. ※2: 自動車についての基本的な質問

これは、英語で “Show Me, Tell Me Questions” と呼ばれます。

 

まず運転前に、簡単な車の操作方法や、安全のための車の手入れの仕方についての質問が出されます。

 

運転前に出される質問は、”Tell Me Question”なので、

口頭で操作方法や、安全チェックの仕方を説明するだけです。

 

“Show Me Question”の方は、運転中にワイパー操作や、ライトの操作など、

簡単な操作を実際にやって見せてくださいといわれる質問です。

 

聞かれる内容はあらかじめ決まっているし、きちんと予習しておけば本当に簡単です。

質問の一覧は、DVSAのオフィシャルサイトをこちらからご覧ください!

 

 

6. ※3: Independent Driving

これは名前の通り、自分の判断で自立して運転するということです!

大体の場合が、カーナビを支給され、審査員が設定した目的地まで、カーナビの指示だけを頼りに運転します。

 

途中で他の対向車と鉢合わせたりしたときの対応や、きちんと道を自分で見つけられるかなど、

実際に免許が取れた後の自己判断力をチェックされます。

 

ちなみに私もカーナビを使ったIndependent Drivingをしましたが、

5人に1人は、カーナビなしで道路のサインを頼りに運転してくださいと言われるそうです。

これ結構難しそうですよね!(笑)

 

スポンサードリンク

 

 

 

7. 必ずやらされる操作

Independent Drivingの際は、総合的な運転スキルを見られますが、

そのほかに絶対に抑えておかなければならない、必ずやらされる運転操作があります。

 

それは、

 

  • Parallel Parking (縦列駐車)
  • Front Bay Parking (正面から駐車して、バックで路上に戻る方法)
  • Reverse Bay Parking (バックで駐車)
  • Parking to the right and reverse straight (対向車線に駐車し、まっすぐバックする方法)

 

のどれかです!(日本語訳が大分変ですみません…💦笑)

 

 

私は縦列駐車が本当に苦手で、模擬テストの時2回ともこの部分でSerious Faultをもらって落第していたので、

 

本当にテストの時やりたくなかったのですが(笑)、

 

その思いが通じたのか、私は一番最後の、対向車線に駐車してまっすぐバックするのをやらされました!

 

 

皆さんもご存知の通り、イギリスは日本と同じ、右ハンドル左車線なので、

 

この場合は右車線にゆっくり侵入して、歩道からちょうどいい距離に駐車して、

 

そこから一直線にバックします。

 

 

この4つの操作に共通しているのは、”駐車”と”バックする操作”です!

 

ちゃんと正しいポジションに駐車できているか、バックする際に周りの注意確認をきちんとできているか

 

そういったところを見られるんだと思います!

 

 

 

以上、テスト内容と要点をざっくりまとめてみました!

 

 

私もテストに行く前は、本当に色々なYoutubeの動画を見たり、

 

Show Me Tell Me Questionsの質問と回答例をたくさん読んだり、

 

よくある失敗談などが書いてあるたくさんの記事を読んで、

 

できるだけたくさんの予備知識を付けてからいきました!

 

 

なので、そいった予備知識が自信につながり、

 

テストもどうやって行われるかなんとなくわかっていたので、落ち着いて臨むことができました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

あとは、模擬テストを2回やったのが本当によかったなと思います。

 

実際にテストと同じ緊張感をもって運転できるので、

 

自分のダメなところが浮き彫りにできるのはもちろんですが、

 

緊張をコントロールするいい練習になりました!

 

 

 

なのでこれからテストを受ける方がいらっしゃれば是非、

 

予備知識をたくさんつけることと、模擬テストで緊張対策をすることをお勧めします!

 

そうすれば絶対にテストに合格するはずです✨

 

 

私もテストに合格はしましたが、実際はテスト中に1回か2回ストールしそうになったりと、

 

まだおぼつかないところがあるので、

 

これで調子に乗らずに、もっと練習を積んで安全運転を徹底しようと思います!!

 

 

でも今日はとりあえず、受かった喜びをかみしめてゆっくりしようかな!(笑)

 

 

これからテストを受ける方々、完全初心者の私も受かることができたので、

 

 

きちんと練習すれば絶対に大丈夫ですよ☆彡

 

 

頑張ってくださいねー(*^^*)!!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *