ピカデリーの鉄板焼き屋さん【Benihana】

今週末はウェールズから主人の友達夫婦が泊まりに来ていました!

 

彼ら、実は日本での結婚式とパーティーにもわざわざイギリスから来てくた上に、

 

New Yearのパーティーや誕生日パーティーなどいつも誘ってくれて、

 

とってもフレンドリーな夫婦なのです✨

 

 

しかも日本に行ってからは相当な日本好きになってくれ、

 

寿司キットや、日本食の料理本、はたまたカービーのぬいぐるみなど

 

日本から帰ってきてからいーーーーっぱい買っていました😂

 

 

まさかこんなに日本のことを好きになってくれると思わなかったのですごい嬉しい😂✨

 

スポンサードリンク

 

 

そんな日本好きになってくれた友達夫婦をロンドンでおもてなしするにはやっぱり日本食しかない!と思い、

 

今回選んだのは鉄板焼屋さんのBenihana(紅花)でした!

 

 

なんだか名前が日本っぽいですが、実はアメリカ発祥のレストランです。

 

 

フロリダにいたときも割りと近くにあったので行ってみたいと思っていたのですが、

 

なんだかんだ行く機会がなく、今回初めて行って来ました!

 

 

 

鉄板焼きなだけあって、値段設定は結構高めでした。

 

私たちは土曜日のランチで行きましたが、

それで一人£30ほど!!

 

 

でも折角ウェールズから来てくれたので、

ちょっと贅沢しちゃおうといことで、レストランへ向かいました♬

 

 

スポンサードリンク

 

 

お店は結構広く、入ってすぐにはバーがあり、

 

その奥にテーブルサービスのスペース、

 

その更に奥に鉄板焼きのスペースがある感じでした。

 

 

 

 

日本とちょっと違うところは、小さいグループだとほぼ確実に相席になるところ!

 

一つの鉄板には8名分の椅子が囲んであって、少人数の場合は他のグループと相席になります。

 

 

そして何よりも日本と違うところは、

 

鉄板職人が、シェフというより、パフォーマーなところ!!(笑)

 

 

日本の鉄板焼きって結構お上品な感じで、静かに、でも手際よくお料理してくれる感じだと思うのですが、

 

海外の鉄板焼きは、シェフがヘラをくるくる回して宙に投げたり、

 

油を使って火を噴かせたりと、

 

料理を食べるというより、そのパフォーマーンスを見るという感じです(笑)

 

 

スポンサードリンク

 

 

でも本当に技がすごかったです!!

 

ビデオに収めたので見てみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

わーわーうるさくてごめんなさい🙇(笑)

 

 

でも本当に目の前でこんなパフォーマーンス見せられたら、圧巻ですよ!

 

(ちなみに前にいるおじ様とお姉さんは、相席の人です笑)

 

 

スポンサードリンク

 

ところで肝心の料理の味ですが、

 

正直私にはちょっと味が薄かったです😂

 

 

多分それって本当に担当のシェフによると思うのですが、

 

 

基本的に醤油が足りないなって思ってしまいました(^▽^;)

 

 

ちなみにランチのコースは、前菜にエビと野菜炒め、チャーハン、メインで£20-£25程です。

 

私たちはそれにジュースも飲んだので、£30でした。

 

 

ちなみにメインは8種類チョイスがあり、

 

 

チキン、牛ステーキ(グリルか照り焼き)、牛高級ヒレステーキ、サーモン、エビのほかにも、

 

寿司と牛ステーキ、チキンとエビ、牛ステーキとチキンといったコンビネーションもあります。

 

 

まあこれだけついてきて、素晴らしいパフォーマーンスが観れたら£25くらいって妥当なのかな♪

 

 

お子さん連れや、誕生日パーティーなど、大人数でわいわい楽しみたい方は必見です!

 

気になる方は是非チェックしてみてください☆彡

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *