EU圏内で使える無料の保険加入方法

イギリスのEU離脱が着々と近づいている今日この頃…

 

 

離脱したら何がどう変わるのか全く見当がつきませんが、

 

この国がEUのメンバーでいる間に受けられる恩恵は受けておきたいもの

 

 

そこで今日はEU離脱前には是非取得しておきたい

 

 

EU圏内で使える無料の保険カードについてご紹介していきます!

 

 

スポンサードリンク

 

 

その保険カードは “European Health Insurance Card (EHIC)”という名前で、

 

イギリスのNHSと同じで、無料で取得できます!

 

 

 

しかもこの保険の素晴らしいところは、

 

イギリス国民ではなくイギリス“居住者“なら誰でも取得できるというところ!

 

 

このカードを持っていれば、EU圏内に一時的に滞在中に

公的な医療制度を一部負担、または無料で受けることができるのです!

 

 

このカードさえあれば、ヨーロッパにちょこっと旅行に行くときなどはとっても安心ですよね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

取得方法もとても簡単で、こちらのNHSのウェブサイトから

申込用紙を印刷し記入するだけです。

 

 

用紙に記入する内容は以下のとおり

 

  • 氏名
  • 生年月日
  • ナショナル・インシュランス・ナンバー(この番号の取得方法はこちらに詳しく書いてます)
  • カウンシル・タックスの支払い先※
  • 国籍
  • パスポート番号
  • イギリスに住んでいる年数
  • これから5年の間に留学など海外に移住予定はあるか
  • 現住所

 

※カウンシル・タックス(Council Tax)とは?

日本でいう地方税のことで、住んでいる地域によって金額が異なります。
カウンシル・タックスの支払先とはつまり、住んでいる地域の区役所のことです。
(自分の住んでいる地域の区役所は、郵便番号でここから探せます)

 

 

これらの情報を申込用紙に記入し、ビザのコピーと一緒にNHSの以下の住所に送ります。

 

NHS Business Services Authority
European Health Insurance Card
EHIC applications
Bridge House
152 Pilgrim Street
Newcastle upon Tyne
NE1 6SN

 

 

スポンサードリンク

 

 

ここでの注意点は、イギリス国民とイギリス居住者は申込用紙が違うところ!

 

日本国籍の方は、

 

 

ここから申請するのではなく、

 

 

 

ここから申請用紙をダウンロードします!

 

 

 

ちなみにこのカードはあくまでもEU圏内の医療制度を利用できるというだけなので、

 

海外保険のように、プライベートの医療機関やスキーで遭難した時の救助にかかった金額などはカバーされないので要注意!

 

あとはもちろん、なくした物や盗まれたもの、飛行機代などの保証もされませんのでそちらだけ覚えておきましょう!

 

 

なのでどちらにしろ海外保険には入っておくのが安心ですね。

 

このカードはプラスαっていう感じで持っているくらいがいいのかもしれません!

 

 

スポンサードリンク

 

 

ちなみにカードはこんな感じのものが届きます。

 

 

ヨーロッパ旅行に行く際はビザと一緒に必ず持ち歩いています(^^♪

 

 

でもこのカード、住所証明や身分証としては使えませんので、そちらも覚えておきましょう!

 

(カードの裏面にでかでかとその旨書いてあります笑)

 

 

 

これからEU離脱が本格的に始まったら一体こういう保険はどうなるのか全く未知ですが、

 

申請できないなんてことになる前には絶対取っておくのがおすすめです!

 

 

 

ちなみに書類を送ってからは1,2週間くらいはかかってカードが届いたので、

 

旅行の前ギリギリに申請するのは避けた方がいいと思います!

 

 

 

以上、EU圏内で使える保険カードについてのご紹介でした(^^♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *