イギリスで免許取得①【仮免許申請】

私は生まれてから20数年間、

 

 

ずっと車の運転をなんとか避けていました笑

 

 

出身は東京なので、電車があるしと思って免許を取らず、

 

アメリカにいるときはバスや友達に頼ってなんとか移動手段を見つけ、

 

イギリスに移ってからも、やはりロンドンはチューブやバスが便利なので、

 

免許の必要性を今まであまり感じていませんでした。

 

 

でもいよいよ結婚もし、これから先の生活をイメージすると、

やっぱり免許あったほうが便利だよな…ということをうすうす感じておりました。

 

 

そして昨日、ついに免許取得への第一歩を踏み出し、

申請書を提出いたしました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

イギリスでの免許を取る過程でちょっと驚いたのが、

 

まず仮免を申請すれば運転の経験が全くなくてももらえるところ。

 

 

その申請方法も結構簡単で、

 

DVLA(Driver & Vehicle Licensing Agency) という政府管轄のホームページで、

 

必要事項を登録するところから始まります。

 

 

必要事項の内容というのも本当に簡単で、

 

名前、生年月日、国籍、過去3年間の住所、National Insurance Numberやパスポート番号などを入力するのみです。

 

後は申請量の£34をオンラインで支払います。

 

この申請を私は昨日行いました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

この登録が終わると以下のような確認メールが届きます。

とういうことで、これから一週間以内に、DVLAからまた別の申請用紙が送られてくるそうなので、

 

その用紙が届き次第、どんな内容かまた書いていきたいと思います!

 

 

ちなみにおそらく、この申請書をDVLAへ送り返す際にパスポートなどIDも送らなくてはいけないと思うのですが、

認定されているIDは以下のとおりだそう、

 

 

上記のとおり、外国人の場合はパスポートだけではなく、イギリスでの居住を許可されているかの証拠を提出しなければいけないようなので、

 

Biometric Residence PermitをIDとして送ろうかなと思っております。

 

 

スポンサードリンク

 

 

オンラインでの申請は、こちらのDVLAの公式サイトから行えます。

 

申請できる条件も書いてあるので、

 

免許取得を考えている方は一度きちんとチェックすることをお勧めします!

 

簡単に要所をまとめると、

 

年齢は15歳9か月以上であること、20メートル先の標識が読める視力があること、

 

IDをきちんと提示できること、過去3年間の住所を提示できること、

 

最後に£34をオンラインで支払えることです。

 

ちなみに仮免を取れば、10年は有効だそうです!

 

10年ってめちゃくちゃ長いですよねΣ(・ω・ノ)ノ!

 

その間には絶対免許を取れるように頑張ります😂

 

 

スポンサードリンク

 

 

それではこれから、

 

運転の仕方を全くもって知らない私が

 

イギリスで免許取得するまでの過程を

 

これからちょくちょく書いていこうと思います!

 

同じようにイギリスで免許取得を考えている方々、

 

一緒にがんばりましょう!!

 

 

皆様是非応援してください✨

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *