日本語にない英語のことわざ解説

日本語でも英語でも似たようなことわざや言い回しが結構ありますが、

 

逆に日常生活でポンっと出てきて、全く意味が予測できないようなものも結構あります。

 

皆さんもそういう表現を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

そこで今日は、日本語にはないような英語の表現について少しご紹介していこうと思います!

 

日本語にはない表現の仕方なので、説明が若干難しそうですが、

 

皆様是非最後までお付き合いください(;^^A

 

 

[ad#oishii5]

 

 

①Eyes are bigger than stomach

 

直訳すると、「目はお腹よりも大きい」ということなのですが、

 

皆さんはこれがどういう意味で使われているかご存知ですか?

 

 

 

ブログのURLからもお分かりのように、

 

私は食べることが大好きです(笑)

 

 

それでよく、レストランなどでついついたくさん頼んでしまうのですが、

 

 

そんな時よく主人に”Eyes are bigger than stomach”と言われます。

 

 

 

そのような状況でこれを言われたらなんとなくわかるかもしれませんが、

 

 

つまり美味しそうなものを目の前にすると、あれもこれも食べらる!と思ってついつい食べようとしてしまうけど、

 

実際の食べられる量(=お腹)はそんなに大きくない。ということです。

 

 

だからついつい調子に乗ってあれもこれも手を出そうとする私にはぴったりのことわざなのです(;’∀’)笑

 

 

私の知る限り、これにしっくり当てはまる日本語が思いつきませんが、

なんとなく意味はお分かりいただけますでしょうか?!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

②Elephant in the room

 

これも直訳すると「部屋の中の象」…

 

 

これだけ聞いたら全くなんの意味か分からないですよね(笑)

 

 

 

私が初めてこの表現を聞いたのはBBCニュースで政治家がEU離脱に関して

“This is like an elephant in the room.”といった時でした。

 

 

私はニュースを見ながら「なんでこの人はいきなり象について話し出した?」と

頭の上には大きなはてなマークができていました(笑) (。´・ω・)?

 

 

そこで主人にこの意味を聞いてみると、

 

「Elephant」は何か大きな問題や話題のメタファーで、「誰もあまり話したがらない大きな問題や話題」という意味だと教えてくれました!

 

 

部屋の中に像がいるってどういう状況だよ!(笑)って私は個人的に突っ込みたいのですが、

 

ようするに小さな部屋に明らかに大きな像がいる=明らかな問題っていう感じなのでしょうか(笑)

 

 

スポンサードリンク

 

 

以上、なんだかしっくりくるようなこないような英語の表現のご紹介でしたが、

 

皆さんはなんとなく意味や使い方を納得いただけましたでしょうか?(笑)

 

 

これ以外にも結構面白い表現だったりことわざをちらほら聞いたことがあるので、

 

また何か新しいことを学んだらその都度ご紹介していきますね♪

 

 

 

それでは是非上の2つの表現、使ってみてください☆彡

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *