祝!世界遺産登録【湖水地方】

日本でも誰もが知っているイギリスの湖水地方。

 

 

 

つい先日、世界遺産に登録されました!!

 

 

30年程前から世界遺産への登録の動きがあったようですが、

どのカテゴリーとして登録するべきか問題となり、

最適なカテゴリーがなかったことからなかなか登録までに時間がかかったのだとか。

 

 

 

1993年に “Cultural Landscapes (文化的景観)”というカテゴリーが導入され、

2005年頃には再度登録への動きが始まりましたが、

英国政府の議論等を経て2016年に正式にイギリスの世界遺産候補となったのでした。

 

 

こんなに有名なのに、30年もの時間がかかったなんてなんだか意外ですよね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

実は私、湖水地方へ行ったのは先月が初めてでした!

 

 

 

湖水地方はヨークより北西に位置しており、限りなくスコットランドに近いところにあります。

 

 

ロンドンから車で行ったのですが、途中で寄り道もしたことからかかった時間は約5,6時間(;゚Д゚)

金曜日だったので道も混んでいたのですが、こんなに時間がかかるなんて予想以上でした!

 

 

 

でもね、本当に時間をかけて行く価値があると実感しましたよ。

 

 

 

 

風がすごく強かったですが、美しい自然の姿に本当に心が洗われました。

 

 

 

イギリス文学でも有名な「ピーター・ラビット」の著者ビアトリクス・ポターも

この湖水地方で執筆に励んでいたのは有名な話です。

 

 

それ以外にも、18世紀後半から19世紀にかけて活躍した

 

ロマン派の詩人ウィリアム・ワーズワースや美術評論家のジョン・ラスキンも

 

この湖水地方でそれぞれの感性を磨いていたのだとか。

 

 

 

たしかにこんなに美しい景色に囲まれたら、それだけで芸術的なセンスが磨かれそうですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

今回私は車で湖水地方へ行きましたが、ロンドンからの日帰りツアーもあるそうですよ!

 

Veltraという現地ツアーをコンダクトする会社のツアーです! (詳しくはこちら)

 

 

 

朝8時にロンドンを出発し、帰ってくるのは22時と結構みっちりスケジュールですが(笑)、

 

湖水地方は絶対に車移動がおすすめです!

 

気になる方は是非チェックしてみてください(^^♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *