英国王室フィリップ王子の引退表明

今日は英国王室から驚きの発表がありました。

 

 

その発表とは、今秋でのフィリップ王子の王室公務の引退表明。

 

 

「王子」とついていると、若い方?と思いがちですが、いえいえ今年の6月で御年96歳です!😲

 

 

引退の決断はご自身でされたそうで、エリザベス女王もこの決断を尊重したいとのことで今回公式発表になったのだそう。

 

一般人は60代で定年退職を迎えるのに、96歳までご公務をされていたなんて本当にすごい!

 

 

今日は、そんな英国王室を長年にわたって運営されてきたフィリップ王子とは一体どんな方なのか、ご紹介していきます☆彡

 

 

 

フィリップ王子の王室でのポジションは?

 

ご存知の方がほとんどかと思いますが、フィリップ王子はエリザベス女王の旦那様です。

お二人が結婚されたのは1947年…つまり、今年で結婚70周年!

その70年の間常に女王のそばにおられ、サポートをされてきました。

 

 

 

フィリップ王子の功績

 

  • 合計で785個もの団体の後援者、会長またはメンバー
  • 昨年2016年にこなされたご公務の数はなんと110回!昨年度で最も忙しい王族の一人だったそうな。
  • 400万人もの若者が参加した※”The Duke of Edinburgh’s Award”の設立者
  • これまでのお一人でのご公務の数は22,191回
  • そのうちの海外でのご公務の数は637回
  • 5,493回のスピーチを行う
  • 14冊の本を執筆

 

※The Duke of Edinburgh’s Awardとは:

ブロンズ(14歳以上)、シルバー(15歳以上)、ゴールド(16歳以上)の3つのレベルから構成されたプログラムで、24歳までの若者が参加できます。

それぞれのレベルで目標が設定されており、決められた期間ですべての目標を達成することで、アワードを取得できます。

このプログラムの理念は「若者が恐怖とチャレンジに打ち勝つ手助けをするために、彼らに経験から学習する機会を与える」こと。

もっと詳細を知りたい方は公式サイト(日本語)をご覧ください(^^♪

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

このニュースを聞いて思い出したのは、日本でも天皇陛下の生前退位のご意向が発表され話題となったこと。

 

私個人の意見ですが、やはり皇族・王族の方々にも引退される時期があった方がいいのではと思います。

 

長年の間お国を支えていただいた方々には、ご自身のため、家族のためのゆっくりとした時間を是非過ごされてほしいものです。

 

 

 

 

ちなみに、このニュースが発表された際、ある人が「I’m sorry to hear you’re standing down. (降任されると聞いて残念です)」と言ったところ、

 

「Well, I can’t stand up much. (あまり立っていられないからね)」とダジャレのような冗談を言われたそう😂

 

 

お茶目な一面を持ったフィリップ王子、これからも英国王室を陰ながら支え続けていかれることでしょう!

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *