イギリス紳士のエチケット

今日は主人とお義父さんとお義祖母さんとお昼を食べに行ってきました。

 

そこでさりげないイギリス紳士のエチケットを学び、

日本にはこういうのないよなーーーとなかなか面白かったので、今日はそのことについて書きたいと思います!

 

 

レストランを出た帰り道、お義父さんはお義祖母さんと、主人は私と腕を組んで歩いたのですが、

(女子は二人とも男子の左側を歩いていました。)

 

 

4人で横一列に並んで歩いていたので、お義父さんと主人が会話しやすいようにと思い、

私は2人の間から抜けて主人の右側へ移ったのです。(日本人らしい気を遣って笑)

 

 

するとお義父さんに「That’s against the rule! (それはルールに反してるよ!)」と言われ

 

 

「え、何が!?」と一瞬混乱(笑)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

するとお義父さんは、「腕を組んで歩く時は、女性は左、男性は右って決まってるんだ。それがイギリスでのマナーなんだよ。」と

 

 

なんでも昔から続いている文化で、まだ道路が綺麗に整備されていなかったころ、

泥道を馬車などが通ると、泥水がかなり飛び散ったそうで、

紳士は女性にその泥水がかからないように、必ず右側を歩くというマナーが出来上がったのだそう!

 

 

 

すっごい小さいことですが、「イギリス紳士って素敵…!!!✨」と私は一人で感動(笑)

 

 

日本人の気遣いが、イギリス紳士のマナーに負けた瞬間でした(笑)

 

 

 

やっぱりイギリス紳士と呼ばれるだけあって、そういうさりげない気遣いやエチケットが今も脈々と受け継がれていることを目の当たりにした瞬間でした。

 

是非、日本の男性陣にも学んで頂きたいですね!…なーんて😂

 

 

将来自分にももし男の子が生まれたら、絶対ちゃんと教えようと思いました(笑)

 

是非この文化、日本にも拡散しましょう!😂😂

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *