ドブロニク旅行記②【城壁内編】

今日は前回の続編で、ドブロニクの旧市街地内についてご紹介します!

 

その前に1つ注意事ですが、旧市街地にはストラドゥン通り(Stradun)という大通りがあるほかは、かなり細い道がほとんどでどの道も同じような造りなので結構迷いやすいです。

 

大通りはこんな感じです。

     

 

細い道はこんな雰囲気です。

      

 

なので街を散策する時は、携帯でも紙でも地図を持って行ったほうが安全ですよ!

 

 

スポンサードリンク

 

 

【ピレ門】

ここが城壁の中に入る際のメイン・ゲートです。

厳粛の雰囲気のこの門は本当に中世のヨーロッパの要塞そのもの!

夕方にはこんな風にガードが出てきて、さらに中世の雰囲気が倍増笑

 

中世の雰囲気って散々言っていますが笑、その時代に生きていなかったので本当に合っているかはわかりません( ̄∇ ̄;)

でもとにかく、映画などで見る雰囲気と全く同じなんです!笑

 

私もちゃっかりガードの人の横に行って写真を撮っちゃいました笑

でも残念、ガードさんはカメラ見てくれませんでした…(^∇^;

 

 

スポンサードリンク

 

 

【オノフリオの大噴水】

ピレ門を抜けたすぐの所にこの大きな噴水があります。

ここは通常の噴水とは違い、蛇口のようなものがついた噴水です。

そこから出ている水はなんと飲用水なのです!

なので、こんな感じでみんなペットボトルに水を入れたり、そのまま飲んだりしています。

いちいち水を買わなくても、無料でおいしいお水が飲めるのはとてもありがたいですね!

 

 

【ジェラート】

暑い場所ではやっぱりジェラートがおいしい!!

ストランドゥ通りにあるSladoledarnaというジェラートさんは特にとても人気でした。
上でご紹介したオノフリオの大噴水のすぐ近くにあります。

 

私はチョコ大好き人間なので笑、このチョコレート味のジェラートにしました。

味はとっても濃厚で、スクープが結構大きかったので大満足でした!

他にはレモン味やモカ味などなど味の種類は豊富です。

値段も1スクープ10クーナ(170円程)で良心的なので、是非一度試してみてください!

 

 

スポンサードリンク

 

 

【食事】

ピザ

クロアチアはイタリアの隣国なので、料理はイタリアンが多いようです。

特にピザのレストランはたくさんありました!

通常のホールは、大体日本でいうLサイズくらいでしょうか。

ですが、ハーフサイズももちろんあるので、複数の種類を楽しみたい場合はハーフサイズを何個か頼むでもいいかもしれません。

私たちは特に調べもせずぷらーっとレストランに入ってしまったので、味は正直まあまあでした(^^;

なので皆さんは是非調べてから行ってみてくださいね!笑

ちなみに、Time Outというサイトの情報は中々参考になるので是非チェックしてみてください♪

 

魚介類

やはり海がすぐそばにあるので、おいしい魚介類が有名とのこと。

旧市街からすぐの所にCity Harbor(シティー・ハーバー)という、お金持ちたちの個人ボートがたくさん止められている港がありますが笑、

その辺りのレストランはおいしい魚介類を出すそうですよ!

是非試してみてください(^^♪

 

 

スポンサードリンク

 

 

【バー】

Café Buza

ここのカフェはメインの通りから少し外れた隠れバー的な場所です。

海辺に沿って存在するバーなのですが、ここの景色は最高にロマンチックです。

雲一つない、夕焼けのグラデーションが美しい空に、昼間の太陽の光に反射している時の色とは少し違った落ち着いた色でゆらゆらと揺れるゆっくりとした海の動き

とてもシンプルなのですが、本当に美しくて、そんな景色のそばで音楽をかけながらゆっくりお酒を飲めるなんて、最高に贅沢ですよね…!

カップルで行かれる方々は絶対にここおすすめです!

メニューや地図など詳細はTripadvisorにて是非チェックしてください。

 

 

ドブロニクには1泊2日のみでしたが、

旧市街地はとても規模が小さいのでそれでも十分楽しむことができました!

 

全く違った雰囲気の街をただあてもなく歩くだけでも、本当に楽しいです。

時間がゆっくり流れているドブロニクで、是非リラックスしたひと時を過ごしてください(^^♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *