サントリーニ島旅行記①【島の概要】

死ぬまでに絶対行きたいところを上げだしたらキリがないですが、今年の夏はそのうちの一つに幸運にも行くことができました。

 

 

その場所は、ギリシャのサントリーニ島!!

真っ青な地中海に面した傾斜に、段々に建てられてた白と青の綺麗な建物が並び立つ景色で有名なギリシャの島の一つです。

 

きっとテレビや雑誌などで見たこと・聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

今日はそんな憧れの地サントリーニ島の旅行記を書いていきたいと思います(^^♪

少々長くなりますので、今回は島の概要、次回で島の見どころをご紹介していきますね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

【島について】

 

サントリーニ島は全長18kmの小さな島で、大昔に大爆発した火山のマグマで出来上がったカルデラ地形の一部です。

 

島の端から端までも車でたった40分ほどでいけてしまうのだとか。

 

島を大きく4つに分けると、北にOia (イア)、真ん中にFira (フィラ)、西南にAkrotiri (アクロティリ)、東南にPerissa (ペリッサ)と呼ばれる地域があります。

 

一番栄えている中心地は、真ん中にあるFira です。レストランやホテル、バー、お土産屋さんなどたくさんあります。

 

私たちもこのFiraにあるホテルに宿泊しました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

【空港からの移動】

 

ロンドンからはアテネで一回乗り換えて合計5時間45分のフライトでした。
小さな島なので、空港もとても小さかったです。

 

 

到着したのが早朝だったこともあり、空港から宿まではタクシーで移動。

 

その時の朝焼けは本当にとーーーーっても綺麗でした。

 

空港からFiraにあるホテルまでかかった時間は10分ほどで、タクシー代は€18.00くらいでした。

 

空港ーFira間のタクシー代の相場は€15.00-€20.00の間のようです。

 

 

 

ちなみに、空港からFiraまでの公共バスもあります。

 

バスの場合、所要時間は20分ほどで、料金は片道€2.20だそうですが、定期的には走っていないそうで、冬には数時間に1本なんてこともあるそうです(笑)

 

(バスのスケジュールは空港の出口を出たすぐのところにあるとのこと)

 

 

 

なんとも南国らしい(笑)

 

 

なので、ここではタクシーを使った方がいいかもしれませんね!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

【宿について】

 

宿は、FiraにあるNiovi Apartmentsという所に泊まりました。

 

6月下旬に2人部屋で2泊3日して、宿泊代は一人£62程でした。

 

宿のオーナーはとても感じのいいおじちゃんで、Check inよりかなり早く着いてしまったにも関わらず、コーヒーを出してくれ、他のスタッフが部屋の準備をしている間に島の説明やおすすめのツアーなど丁寧に細かく説明してくれました。

 

ちなみに私たちは到着翌日に、このおとうさんが紹介してくれた島一周ツアーに参加しました。

 

小さなバンで本当に島の端から端まで連れて行ってくれるので、効率よく回りたい方にはおすすめです(^^♪料金は€50.00+チップでした。

 

ホテルで運営しているツアーでしたが、このような島一周ツアーは結構色々あります!是非事前に調べてみてください☆彡

 

 

スポンサードリンク

 

 

【移動手段について】

 

上記の通り、サントリーニ島はとても小さい島です。

なので車やバイク、ATV(4輪のバイク)をレンタルして島を移動している人が結構多くいました。

 

ただ私も一緒に旅行した友人も免許を持っていなかったので、私たちが利用したのは公共バス。長距離用のバスのような大型のバスが公共バスとして使われています。

 

Firaにはメインのバス停があり、そこから北にも南にもバスが出ています。

 

(島の端から端まで行くバスはありません。全てのバスがこのFiraのバス停で発着しています。)

 

料金は行き先によりますが、€1.80から€2.50の間なのでリーズナブルです。

 

 

 

と、ここまでがサントリーニ島に関する主な概要でした。

 

なんとなく、島の規模や雰囲気など想像できましたでしょうか?

 

 

次回はいよいよ島の見どころをご紹介していきます!お楽しみに(^^♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *