ロンドンでの住まい探し -不動産屋編-

前回の「ロンドンでの家探し第2弾」として、今回は不動産屋を通したロンドンの住まい探しについて書いていこうと思います☺

 

 

ロンドンへ来た当初は、前回お話したインターネットで直接大家さんとやりとりをする方法で家を探しましたが、

 

主人と結婚前に一緒に住むことになった時は、不動産屋を通して住まいを探しました。

 

 

その時に利用した不動産屋ごとにレビューを書いていきますので、是非参考にしてみてください(^^♪

 

 

 

Foxtons

 

イギリス国内でも結構名の知れた不動産屋なだけあって、カスタマーサービスはよかったと思います。

 

どの辺りで家を探しているか、家賃はどれくらいを考えているかなどの詳細をメールで送ると、すぐに電話をかけてきてくれました。

 

その要望をもとにおすすめの部屋を提案してくれ、1日の見学(英語ではViewingといいます)で3件の部屋を見せてくれました。

 

 

ただその3件とも少しずつ私たちの要望に合わず(キッチンが少し狭い、自転車を置く場所がないなど)、結局お世話になりませんでしたが、真摯な対応がとてもよかったです。

 

 

ちなみに費用は、Admin fee(日本でいう礼金)として£420と、長期レンタルの場合はDeposit(敷金)として家賃6週間分、短期の場合は£700か一週間の家賃どちらか高い方がかかります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

Northfields

この不動産屋は、Foxtonsのように家賃などの要望を連絡したのではなく、オンラインですでに気になる物件を決めてから、その部屋の見学を手配するという流れでした。

 

(ほぼ全ての不動産屋は、自身のホームページだけでなく、ZooplaやRight Move, Gumtreeなどの不動産検索ウェブサイトにも広告を載せていたりします。)

 

平日の仕事後の見学だったので、時間が短かったこともありますが、本当にただ家を見るという感じでとても簡潔に終わりました(笑)

 

後日新たな物件を提案するなど、その後のフォローアップがあまりなかったです。

 

ガツガツ来られなかったのはよかったですが、ちょっとさっぱりしすぎてたかなという印象です(笑)

 

こちらの最初にかかる費用は、Admin fee £180と、借りる部屋のタイプによってCheck-Out料金(うまい日本語訳が見当たりませんが、部屋を出る時に支払う料金のようです)が£86.40から£158.40程と、Depositが家賃6週間分などだそうです。

 

 

 

Townends

現在の住まいはここを通して見つけました。

 

 

ですが正直、彼らはおすすめしません…(^^;

 

家自体は要望通りでほぼ即決でしたが、後から「うーんこの不動産屋ダメなんじゃ?」と思う所がちらほら…

 

まず見学に同伴したスタッフの情報が間違っていると後から知ることがいくつか(^^;

 

例をあげれば、見学した時はまだ前の人が住んでいて、家具はどれが備え付けかどれが前の人たちのものか聞いた所、ほとんどの家具が備え付けだと言われたのに、いざ引っ越してみたらついてきた家具はソファーとベッドのみ(笑)

 

でもこういうのもすべて口頭だけのやりとりで証拠がないため、責めるに責められないんですよね…(´;ω;`)

 

 

更にはレスポンスも結構悪いです。

 

Tenancy Agreement(契約書)の内容で、異議があるので数点内容の変更を依頼した時もなかなか返事が来ず、返事が来たと思ったら今度はすぐにサインして提出するようにと指示をされたり…😞

 

 

まあイギリスクオリティーと言えばそうなのですが、カスタマーサービスは断然Foxtonsの方がよかったです!

 

 

最初の費用は、Admin fee £480、Reference fee (※) 一人につき£60、Depositとして家賃6週間分、Check in/out fee £145がかかりました。

 

 

 

※Referenceとは、他者からの身元証明のこと。自分の身元が怪しくないということを、前の大家さんや職場の上司に証明してもらいます。大体の場合、身元証明を請け負う会社が、身元保証人(前の大家さんや職場の上司)に直接連絡をとり、該当人の評価を依頼します。

 

 

 

 

またその他にも、私は利用したことがないですが、日系の不動産屋もあります。

 

 

ロンドン東京プロパティー、ジェイエイシー・ストラットンズ、Japan UK Property、Japan Homesなどなど…調べれば結構たくさん出てきますよ!

 

日本語の方が安心という方は、こういった日系の不動産屋を利用するのがいいかもしれませんね(^^♪

 

なお、上記の費用などは変更する場合もありますので、必ずご自身でのご確認をお願い致します。

 

 

上記の情報に何か付け足した方がいい情報などありましたらコメント頂けますと幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *