イギリスの病院事情

最近は朝晩0度を下回るようになってきてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

私は先週末熱が出てずーっと家に引きこもり…やっぱり寒くなると体調を崩しやすいですよね(;´・ω・)

 

 

そんなときにやっぱり必要になってくるのが病院やお医者さん。

 

 

そこで今日は、これからイギリスへ来られる方、イギリスに到着されたばかりの方へ、

 

イギリスの医療機関への登録の仕方をご説明いたします!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まずイギリスと日本の医療制度の大きな違いは、

 

自分で診断してもらう医者を選ぶのではなく、

 

緊急の場合以外は必ずかかりつけのお医者さん(英語: General Practice →略してGP)にまず診てもらう

 

という点です。

 

 

内科、外科、耳鼻科などなど、日本は自分で診断してほしい科を選んで受診しますが、

 

 

イギリスはどんな症状でもまずGPに診てもらい、

その後必要に応じて、そのGPから他の医者へ紹介してもらうという流れです。

 

 

ですので、イギリスへ到着したらなるべく早くかかりつけのお医者さんGPへ登録するようにしましょう!

 

 

それでは下記にて、登録の手順をご紹介していきます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

1. National Insurance Numberを取得する

 

National Insurance Numberとは、医療機関への個人の登録番号です。

一人一つずつ番号が付与されます。

 

 

私が初めてUKへ来たときは、Biometric Residence Permit(BPR)の登録が必要なかったため、UK入国後NI#を取得しました。

 

 

BPRをお持ちの場合はそのカードにNI#が記載されているかもしれないので、一度そちらをチェックしてみてください。

すでに記載があれば、この部分は飛ばして頂いて大丈夫です。

 

 

National Insurance Numberの記載がない場合

UKに到着してから、National Insurance number application lineへ電話をします。

 

その際に伝える情報は、現住所、連絡先、ビザのステータスだったかと思います。(うろ覚えでごめんなさい…)

 

ただ、現住所は確実に伝える必要がありますので、UKでのお家が見つかってから電話をした方が良いかもしれません。

 

電話営業時間は月曜から金曜、朝8時30分から午後5時までです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

電話の後は以下のような流れで番号取得をします。

 

1. 電話で伝えた住所に申し込み書類が届く

2. 必要事項に記入をし、書類に明記されている住所へ返送

3. National Insurance Numberが載った手紙が届く

 

といった流れです。

 

 

UKのHome Officeは何をするにもめちゃくちゃ時間がかかります…(;^_^A

 

 

 

冗談ではなく、本当に!!!!笑

 

なので早め早めに必要な手続きは済ませてしまいましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

2. 自宅近くのGPを探す

登録するGPの原則としては、自分の住んでいる地域のGPに登録すること。

 

インターネットでGP Founderと検索し、自分のPost Codeを入れれば近くのGPの情報が見られます!

 

 

評価やオンラインでの予約ができるか、手術のおすすめ具合のようなものまで見られちゃうのです。

 

なんだかレストランやホテルを探すような要領ですよね笑

 

 

3. GPで登録

基本的に登録はいたってシンプルです。

 

 

事前予約などはあまり必要ないですが、

念のため予め電話して今から登録しに行っても大丈夫か確認しておいた方が無駄足が防げます。

 

 

持っていくものはポスポートなどのIDとBank Statementや手紙などの住所証明です。

 

(電話された際、念のため他に必要なものがないか聞いた方が良いでしょう!)

 

後は病院で登録用の書類に必要情報を書くだけです。

 

場所によっては身長・体重測定、血圧測定など基本的な身体チェックをするところもあります。

 

 

以上がGPへの登録方法の流れです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

基本的にはどんな症状でもまず、GPへ受診することが一般的ですが、

 

 

緊急の場合は救急車を呼んだり、A&Eを利用することができます。

 

 

 

UK到着直後は色々とやることがあり大変だと思いますが、

 

病気になってから・ケガをしてからでは遅いので、GPへの登録もなるべく早めに行いましょう!

 

 

是非参考にしてみてください(^^♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *