イギリス英語とアメリカ英語の違い①

Profileでも少し紹介しておりますが、

 

イギリスへ来る前は2年ほどアメリカ(フロリダ州)に住んでいた経験があります。

 

 

中学生の時からアメリカの映画やテレビ番組、音楽が好きだったのと、

実際にアメリカで生活したことがあったので、馴染みがある英語は昔からアメリカ英語でした。

 

 

そんな私がイギリスへやってきた時の第一印象は、

 

 

 

「皆なんて言ってるかよくわかんない」

 

 

でした(笑)

 

 

スポンサードリンク

 

 

表現は人それぞれあると思いますが、

 

私の中でアメリカ英語はクリアな音で聞き取りやすく、

 

イギリス英語はちょっとゴモゴモしている印象があります(^^;

 

(余談ですが、日本ではイギリス英語とひとくくり?になる気がしますが、実はアメリカのように、地方によって全然発音が違うんです!)

 

また発音だけでなく、使う言葉もアメリカとは結構違います。

 

イギリスに来てから特に印象深かった英語の使い方は以下の4つ…

 

 

スポンサードリンク

 

 

Fancyを動詞で使う



これはイギリスに来て初めて知りました。

Fancyを動詞で使う場合は、”Would you like – “のように使われ、

 

「-がしたいですか」やもう一つの意味では「-が好き」といった意味になります。

 

アメリカでは形容詞として「しゃれた」とか「高価な」という意味で使っていたので、

 

イギリスで初めて “Do you fancy a coffee?” (コーヒーでもいかが?) と言われたときは、

 

「???」となってしまったのはここだけのお話…(笑)

 

 

 

「乾杯」じゃない意味のCheers!

 

アメリカでは、Cheersという単語は「乾杯!」の時以外に使ったことがありませんでした。

 

しかしイギリスでは、とても頻繁に「ありがとう」の意味で使います。

私の感覚では、 “Thanks”と同じ感じで少しラフな使い方かなと思います。

 

色々な場面で使えますが、

 

よく聞く場面は、お店やレストランで何かしてもらった時、店員さんに “Cheers” と言ったりします。

 

また “Ta” という言葉も結構聞きます。これも “Cheers”同様 “Thanks”と同じです!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

CheckじゃなくてBill

レストランで会計をもらう際、アメリカでは “Can I have the check please?”とか “Check please.” というのが一般的ですが、

 

イギリスではCheckではなくBillといいます。

(もちろんCheckと言っても通じますが、Billの方が圧倒的によく使います。)

 

また、こちらは英米両方使うかもしれませんが、会計のジェスチャーなんかもあります。

 

実際にCheckを書いているかのように、空中に何かを書くふりをすればそれが「お会計下さい」という意味。

 

混雑しているレストランなんかでは、大声でウェイター/ウェイトレスを呼ばなくてよいので便利ですね(^^♪

 

 

 

“What’s up?” はあまり使わない?

 

アメリカにいた時は、すごく頻繁に聞いたこのフレーズ(「調子どう?」とか「今何してるの?」のような意味)ですが、

 

イギリスでは正直そこまで頻繁に聞きません。

 

その代わり?に聞くのが “You alright?” というフレーズ。

誰かに会った時など、 “Hi, you alright?” みたいな感じでさらーっと聞いてくる人が多い気がします。

 

直訳すると、「あなた大丈夫?」となりますが、

 

“How are you?”など挨拶の一部のような感覚なので、真剣に大丈夫かを答える必要は特にありません(笑)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

などなど、他にもアメリカで使う英語とイギリスで使う英語は違うものが結構多いので、

 

2年経った今でも日々学ぶことは多いです。

 

 

「なんて言ってるかよくわかんない」という段階から脱却するには、

 

やっぱりその英語に慣れることが一番大事!

 

 

 

私も職場でのイギリス人の英語に耳を澄ませたり、

 

BBCの記事を定期的に読んだりして少しずつイギリスの英語に慣れていきました。

 

 

 

これからイギリスへ来られる方で、私のようにアメリカ英語に慣れている方は、

 

渡英される前に少し耳を慣らしておいた方がいいかもしれません♪

 

YouTubeなどで、”BBC news” などと検索すればたくさんニュースが出てくるのでおすすめです!

また、記事はBBCのホームページから読むこともできます。

 

 

私もまだまだ学ぶことは多いので、日々勉強がんばります!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *